fc2ブログ

日記

写真、パソコン、電子工作、オーディオ、自転車、旅行など

prime95のエラー

メルセンヌ素数を発見する分散コンピューティングプロジェクトのGIMPS、相変わらず参加している。ずっと起動しているprime95をふと確認してみるとエラーメッセージを吐き続けている。次のような感じで延々と。

[Jan 24 22:33] Iteration: 50800000 / 54082339 [93.93%]. Per iteration time: 0.057 sec.
[Jan 24 22:33] Possible hardware errors have occurred during the test! 1 ROUNDOFF > 0.4.
[Jan 24 22:33] Confidence in final result is fair.
[Jan 24 22:43] Iteration: 50810000 / 54082339 [93.94%]. Per iteration time: 0.057 sec.
[Jan 24 22:43] Possible hardware errors have occurred during the test! 1 ROUNDOFF > 0.4.
[Jan 24 22:43] Confidence in final result is fair.
[Jan 24 22:52] Iteration: 50820000 / 54082339 [93.96%]. Per iteration time: 0.057 sec.
[Jan 24 22:52] Possible hardware errors have occurred during the test! 1 ROUNDOFF > 0.4.
[Jan 24 22:52] Confidence in final result is fair.
[Jan 24 23:02] Iteration: 50830000 / 54082339 [93.98%]. Per iteration time: 0.057 sec.
[Jan 24 23:02] Possible hardware errors have occurred during the test! 1 ROUNDOFF > 0.4.
[Jan 24 23:02] Confidence in final result is fair.
[Jan 24 23:11] Iteration: 50840000 / 54082339 [94.00%]. Per iteration time: 0.057 sec.
[Jan 24 23:11] Possible hardware errors have occurred during the test! 1 ROUNDOFF > 0.4.
[Jan 24 23:11] Confidence in final result is fair.
[Jan 24 23:21] Iteration: 50850000 / 54082339 [94.02%]. Per iteration time: 0.057 sec.
[Jan 24 23:21] Possible hardware errors have occurred during the test! 1 ROUNDOFF > 0.4.
[Jan 24 23:21] Confidence in final result is fair.

また、result.txtを開いてみると、次の一行が見つかった。

Iteration: 40025344/54082339, ERROR: ROUND OFF (0.5) > 0.40

なんのこっちゃということで調べてみると、フォーラムに質問が出ていた。エラーが1回でも起こると、そのナンバーが終わるまで、スクリーンに延々とメッセージを吐き続ける仕様らしい。連発してエラーが起こっているのかと思ったが、そうではないということで一安心である。
スポンサーサイト



  1. 2012/01/24(火) 23:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台空港

仙台空港までドライブしてきた。仙台空港は何回か行ったことのある思い出の場所で、津波で冠水した映像を見たときには衝撃を受けた。運航再開のニュースを聞き、それ以来ずっと行きたいと思っていたが、ようやく行くことができた。

以前来たときにはなかった展望デッキが屋上にできていた。2010年3月にオープンしたらしい。離陸するユナイテッド航空のスターアライアンス特別塗装機 (737-700 N13720)。奥には仙台の街並みが見渡せる。
IMG_4256.jpg

空港ビルから移動し、貞山堀の撮影ポイントへ。札幌から到着したAirDo便 (737-500 JA8404)。
IMG_4304.jpg
  1. 2012/01/16(月) 01:48|
  2. ヒコーキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パワーアンプにヘッドホンを接続する

先日購入した『理解しながら作るヘッドホン・アンプ』を読んでいると、パワーアンプのスピーカー出力をヘッドホンにつなげる方法を見つけたので、早速実験してみた。最近、住宅環境のためスピーカーを鳴らすことができず、パワーアンプに埃がかぶっているような状況だったのである。

回路図。入手できた部品の関係で、本とは定数が若干異なっている。本では、8.2Ω10Wと1Ω1Wが指定されているのだが、22Ω3Wの3本並列 (R1-3,4-6) と1Ω3W (R7,8) にそれぞれ変更している。
attenuator.gif

エレキットの真空管アンプTU-870につなげて使ってみたが、残留ノイズは常用のボリューム範囲では気にならない程度である。Web上では、パワーアンプにヘッドホンを接続する方法としていろいろ紹介されているが、この方式では、アンプ側から見たインピーダンスも適切な範囲であるし、音量も適切で、音質の変化も少ない。
CIMG4473.jpg
  1. 2012/01/15(日) 00:59|
  2. 電子工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理解しながら作るヘッドホン・アンプ

最近購入した本から。『FET式差動ヘッドホン・アンプ』などをWebで公開しているぺるけさんの著書である。FET式差動ヘッドホン・アンプはホームページを参考に実際に作製したこともあり、現在もメインのアンプとして活躍している。

この本は、ホームページの内容がベースになっているということで、特に買う必要も無いと思っていた。また、ラグ板での工作も別に問題を感じていないため、付録のプリント基板もそれほど魅力的ではない。実際に、ラグ板を用いて2台目を作製中である。

それでも購入したのは、第2章の『OPアンプを使ったヘッドホン・アンプ』の内容が気になったから。Web上では、OPアンプを差し替えて音がどうなったという記事があふれている。OPアンプをブラックボックスとして考え、差し替えできる回路か考えずに、音がいいといわれているOPアンプに交換したというケースが多く見られる。それに対し本書の場合は、差し替えできるような回路を設計した上で、きちんと実験している点が興味深かったからである。

それ以外の章についても、データが追加されており、情報量が多くて参考になる。また、本書はプリント基板付きであり、ホームページでは部品頒布も行っており、掲示板での質問対応にも受け付けており、初心者にもおすすめである。

理解しながら作るヘッドホン・アンプ―FET差動増幅回路採用で低ひずみ/低ノイズを実現した (プリント基板付き電子工作解説書SERIES)理解しながら作るヘッドホン・アンプ―FET差動増幅回路採用で低ひずみ/低ノイズを実現した (プリント基板付き電子工作解説書SERIES)
(2010/04)
木村 哲

商品詳細を見る
  1. 2012/01/14(土) 20:35|
  2. 電子工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KTV-FSPCIE追加購入

現在、恵安の地デジチューナーボードKTV-FSPCIEを使用し、パソコンでテレビを視聴・録画している。今回、KTV-FSPCIEを追加購入し、サブのデスクトップ機へも導入してみた。

さて、今回届いたもののシリアルはK1108。基板上のチップを確認すると、24C64WP (EEPROM)、eMPIA EM2874B (USBコントローラ、富士通 MB86A21 (OFDMデコーダ)、MaxLinear MXL136 (チューナー) が見られる。
CIMG4447.jpg

K1108なので、K1102、K1103、K1106、K1107などと同様の方法でごにょごにょすることが可能である。詳細な作業手順の説明は他サイトに譲るとして、その基本的な流れは次のようである。
1. 説明書通りセットアップし、添付ソフトで動作確認
2. 添付ソフトをアンインストール
3. 基板改造 (R19の取り外し)
4. FW書き換え
5. TVTest導入

ファームの書き換えは、
1. EEPROMから吸い出したK1102系ファームを元に、quickbeでパッチを当ててK0905オリジナルファームを生成
2. K0905オリジナルファームを元に、fwtoolでPatchV2適用済みファームを書込み
の2ステップで行うことになるようである。各段階でのファームのハッシュ値をまとめておく。
FSPCIE K1102系オリジナルMD5: eceb60de311fcf5689a59bbff7f4ed80
SHA1: 43d92a355212747d28bf34f8670c224ea45ca5f0
CRC32: cda541ff
FSUSB2 K0905オリジナルMD5: c7a62ceaeb0902ac5518d613e3c57ff6
SHA1: 3aa40a09aa29fa2966070a76a3b91ad69fa98a30
CRC32: 57812b12
PatchV2適用済みMD5: eda0d3f7518e14a7418afd912d2b73ce
SHA1: d451f6e59662ba4b1b992b9f5899110912415004
CRC32: 04a99257

これまで使っていたKTV-FSPCIEはK1012のものであるが、同一条件で受信しても、今回購入したK1108のほうが感度が良いようである。これはチューナーチップが変更されたためであろうか。K1012ではNXP TDA18211HD/C2というチップが使用されている。
  1. 2012/01/03(火) 19:34|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

清畠駅

昔のフィルムから。

04_0037_0014.jpg

2005年1月3日撮影。7年前の今日、年始早々撮影に出かけた日。日高本線清畠駅のホームから。右手には海が広がる。
  1. 2012/01/03(火) 18:20|
  2. 昔のフィルムから
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

2sk170

Author:2sk170
どうでもいいことをいろいろ書いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (372)
ダム (77)
ヒコーキ (64)
写真 (58)
旅行 (46)
くるま (47)
自転車 (36)
パソコン (32)
昔のフィルムから (27)
電子工作 (18)
無線 (15)
AQUAZONE (10)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する